# ガラスのもの

「カーサブルータス 〜長く使いたい暮らしの道具〜」を読んで。

数ヶ月前に購入した「Casa BRUTUS 〜長く使いたい暮らしの道具〜」。本を開く時間がなかなかとれないでいたのですが、最近いくつかの記事をじっくり読みました。「中川政七商店と全国の伝統工芸のかかわり」のような内容になっています。わたしは中川政七商…

夏の一杯は涼しい「津軽びいどろ」で。

「津軽びいどろ」は、青森の自然をデザインしたかわいらしいグラス。1949年創業のガラス会社で、もともとは海に浮かぶ「浮玉」を作る会社でした。その浮玉をつくる技術が素晴らしいと評価が高く、今ではこのような日常になじむものも作っています。 たしかな…

電球型のボトルに入った鳥取・三朝温泉の地酒

鳥取・三朝温泉は、湯治場として名のしられた温泉地です。その地で、寛文9年(1670年!?)に創業し今に続く藤井酒造が作る地酒に「三朝正宗」というものがあるそうです。 …と書きながら実は私はお酒のことは全く分からないので、今回この記事を書いたのは、…

夏にかわいらしい音で涼をよぶ「江戸風鈴」

夏にあると涼しい風鈴。江戸風鈴はガラス風鈴のこと。もともとは江戸時代に、長崎のガラス職人が、ガラスを見せ物として東へやってきたことに由来するそうです。 篠原風鈴本舗は100年以上の歴史をもつ、江戸風鈴の工房。こちらの風鈴はシンプルながらもかわ…

再生ガラスを使ったラムネのような琉球ガラス「奥原硝子」

沖縄・琉球ガラスの歴史は戦後にはじまります。アメリカ軍基地で捨てられたコーラやビール瓶を溶かして再生ガラスとして、再び利用することにしたのです。 素朴な味わいが、あたたかみあるものとして人気があります。奥原硝子製造所は琉球ガラスの最古ともい…

江戸切子の天開タンブラー

江戸切子は、江戸時代末期に江戸で始まった伝統的ガラス工芸。色ガラスを重ねた「色被せガラス」と呼ばれるガラスの器に、伝統的な紋様のカットが施されていて、高度な技術を必要とする伝統工芸品です。 近年は、より身近に使いやすいデザインのものも増えて…