ため息の出る透明感。美濃の「水うちわ」



 かつて、実際に見て手にとってみて、その美しさにため息。値札を見てお値段にもため息が出た「水うちわ」。

 その透明感から「水うちわ」と呼ばれていますが、実際は手すき和紙でできています。和紙なのに透明なのは、天然の雁皮紙という非常に薄い紙だから。これに天然由来の自然のニスを塗って仕上げています。

 岐阜は美濃の長良川沿いで古くから丁寧に作られていた水うちわ。清流・長良川があってこその水うちわ。"鵜飼"でも有名なこの長良川で、かつては涼をとるためにも使われていたそうです。
 お値段もしますが、本物だからと、一生に一度の高級うちわを購入される方もじわじわ増えているようです。私もいつか。