江戸切子の天開タンブラー



 江戸切子は、江戸時代末期に江戸で始まった伝統的ガラス工芸。色ガラスを重ねた「色被せガラス」と呼ばれるガラスの器に、伝統的な紋様のカットが施されていて、高度な技術を必要とする伝統工芸品です。

 近年は、より身近に使いやすいデザインのものも増えてきています。こちらの「天開タンブラー」はパステルカラーのような淡いブルーに、かわいらしい桜文様が施されています。食卓が春のように華やかになるタンブラーです。

 ほかにも様々な天開タンブラーが出ていて、日々の普段使いにもできそうな親しみやすい素敵なデザインになっています。