読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有田焼の新しい形「KIHARA」の洗練されたデザイン

食器・台所用品 # 陶芸

 
 2016 年に400周年を迎える有田焼。この大きな節目を機に、これまで培ってきた高度な技術にデザイン性を加えた、洗練されたうつわが発表されています。

 各窯元それぞれがデザイナー達と共同で作り上げているので、窯元ごとのデザインを楽しめるのも特長です。

 今回は「KIHARA」の器。日本の伝統的な有田焼の技法で作られていますが、どこか北欧食器を思わせるような色味やデザインになっています。値段も手頃なので、有田焼を日常づかいにできそうなシリーズです。