読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再生ガラスを使ったラムネのような琉球ガラス「奥原硝子」



 沖縄・琉球ガラスの歴史は戦後にはじまります。アメリカ軍基地で捨てられたコーラやビール瓶を溶かして再生ガラスとして、再び利用することにしたのです。

 素朴な味わいが、あたたかみあるものとして人気があります。奥原硝子製造所は琉球ガラスの最古ともいえる硝子工房。昔懐かしいラムネを思わせるような色合いのガラスが、ほっこりします。