電球型のボトルに入った鳥取・三朝温泉の地酒

  

 鳥取・三朝温泉は、湯治場として名のしられた温泉地です。その地で、寛文9年(1670年!?)に創業し今に続く藤井酒造が作る地酒に「三朝正宗」というものがあるそうです。

 …と書きながら実は私はお酒のことは全く分からないので、今回この記事を書いたのは、この電球型のボトルが斬新だと思ったからです。

 そのかわいらしい外観に、手みやげや挨拶回りの品としてもよろこばれているそうです。お酒もデザインによって印象がかわりますね。