読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九谷焼・宮本泰山堂の「のどか文和皿」

食器・台所用品 # 陶芸

f:id:kinako-cafe:20160223135907j:plain


 このお皿を購入したのは、もうずいぶん前になります。九谷焼のことを調べているうちに、たどりついた「のどか文和皿」。

 九谷焼は、今の石川県加賀市ではじまりました。「五彩」といわれる緑・赤・黄・紫・紺青をもちいた色絵がほどこされるのが特長で、とりわけ「緑」すなわち九谷焼でいうところの青色を美しく出すのが特に難しいとされています。

 「のどか文和皿」は、九谷焼の色彩でありながらどこかやさしさのただようお皿です。何にでも使える丁度良い大きさと形で、これからも大切に使っていきたいお皿です。