鎌倉時代からつづく「鎌倉彫」

 寺社や江ノ電で有名な神奈川・鎌倉ですが、鎌倉彫もみどころのひとつです。

 鎌倉彫の歴史は鎌倉時代にさかのぼります。中国から伝来した堆朱(ついしゅ)・堆黒(ついこく)などの影響を受けた木彫漆塗の工芸品がはじまり、当初は寺院の仏具、調度品として、安土桃山時代や江戸時代には茶道具として広く使われてきました(ちなみに、茶道具としての鎌倉彫にはその絵柄の多くに椿が用いられています)。

 明治維新以後は「神仏分離令」と「廃仏毀釈」により仏具を作製する仏師としての仕事が激減しました。しかしこれを契機に鎌倉彫は、普段使いの工芸品として形をかえて普及していきました。

 鎌倉ではいくつかのお店でこの鎌倉彫を購入することができます。また鎌倉彫資料館 では、これら鎌倉彫の歴史を学んだり、鎌倉彫体験を行うこともできます。