現代の生活になじむ色とりどりのお椀「お椀や うちだ」

 「お椀や うちだ」は、福井県・鯖江市で越前漆器を200年にわたり作り続けてきた「漆琳堂」の現代になじむデザインのうつわシリーズです。

 デザインもさることながら、一般に漆塗りを何度も何度も重ねることで値段も上がってしまう漆器ですが、これを現代生活の使用に耐える必要十分回数に重ねることで、買いやすい価格帯に設定したりと、私たちにうれしいうつわです。とはいえ、揃えるにはそれなりの値段がしますが、それでも本物の漆器を手頃な価格で集められるのはうれしいことです。

 また「お椀や うちだ」では、これらの漆器を何代にも渡って末永く使えるように、塗り直しもしてくれるのです。無知ながら、漆器が塗り直しができることを初めて知りました。ものを大切にしていく精神。いつか揃えたいうつわだと思いました。

「お椀や うちだ」のブランドサイト → お椀や うちだ