瀬戸内の太陽の恵み「小豆島のオリーブ茶」

f:id:kinako-cafe:20160308211412j:plain

 瀬戸内にある香川・小豆島。近年は女性に大人気の島ですが、太陽の恵みを受けてオリーブが栽培されていることでも有名です。その小豆島のオリーブ茶を飲みました。

 地元・小豆島の醤油でも有名なヤマヒサが、自社農園で化学肥料や除草剤を使わずに、ひとつひとつ手作業で育てたオリーブからできたお茶。

 味は良い表現がみつからないのですが、蕎麦茶がまろやかになったような味のような、ポリフェノールがたっぷり入っているのがわかるような味といいますか。健康そうなお茶の味、でもスッキリ飲める、私は好きな味でした。

 飲みものも丁寧な手しごとからできたものは、いっそうおいしく感じます。

《ヤマヒサ》オリーブ茶ペットボトル(24本)

《ヤマヒサ》オリーブ茶ペットボトル(24本)
価格:3,888円(税込、送料別)