日本の技法を用いた、奥行きのある美しい帽子

 パッと写真をみて「美しいなぁ」と思った帽子。奥行きのある白と、あざやかなブルーのリボンの組み合わせが目をひきました。

 この帽子、絹の表と裏に異なった彩色をする「裏色絵」という技法を用いていて、帽子の表面をよく見ると、おなじ白という訳ではないのです。この技法によって、奥行きや「ふんわりした質感」を持たせているそうです。

 生地は中川政七商店、デザインは京都の帽子作家A-naさんによります。日本人の骨格に合った形にデザインしているので、長時間かぶっても疲れにくくなっています。日本の技法を用い、デザインや機能性もよく、洋風仕立てになっている帽子です。

帽子 irourae

帽子 irourae
価格:17,820円(税込、送料込)