読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有田焼の美しき「ARITA PORCELAIN LAB -JAPAN BLUE-」

食器・台所用品 # 陶芸


 有田焼が今年400周年を迎えるにあたり、どの窯元も「攻め」の姿勢です。とにかくデザインが、現代に合う洗練したものばかり。この「攻め」の姿勢になったのには、とあるきっかけがあるのですが、そのことはまた後日ふれたいと思います。

 今では各窯元がそれぞれデザイナーと一緒に新たな有田焼を作り出していて、その洗練されたデザインは、世界から賞賛をあびています。

「弥左ヱ門窯」の現代スタイルに合わせたブランド「ARIITA PORCELAIN LAB」の「JAPAN BLUE」もそのひとつ。「日本の水の色」をイメージしたシリーズです。

 丁寧に色を付け、細い線を一本一本丁寧に書き込むという、気の遠くなる作業を、有田焼の職人が淡々ときちんと仕上げていきます。そして繊細なこの日本の色は、数多くの試作を繰り返して完成した釉薬であり技法でもあるのです。その美しさにため息がでるJAPAN BLUEです。