読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「カーサブルータス 〜長く使いたい暮らしの道具〜」を読んで。

# ガラスのもの # 塗りもの # 布もの # 木のもの # 染めもの # 籠や草のもの # 紙のもの # 金属のもの # 陶芸
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

数ヶ月前に購入した「Casa BRUTUS 〜長く使いたい暮らしの道具〜」。本を開く時間がなかなかとれないでいたのですが、最近いくつかの記事をじっくり読みました。「中川政七商店と全国の伝統工芸のかかわり」のような内容になっています。わたしは中川政七商店のものが好きなので、中川商店については結構知識があるつもりでいましたが、まだまだ知らないことばかりでした。思っていたより濃い内容でためになったので、少しだけ紹介したいと思います。

まずはおなじみ、中川政七商店創業の地・奈良の工芸が紹介されています。蚊帳生地はもう、有名すぎるくらい有名になりました。

f:id:kinako-cafe:20160817120850j:plain

ちなみに蚊帳生地のふきんは、本当に使い勝手が良いです!

…話を本に戻して、奈良にある「遊・中川 本店」の紹介もあります。一度お店に行って見たいとおもうような、内装や商品の数々。

f:id:kinako-cafe:20160817120854j:plain

でも、この本は中川政七商店の紹介だけではありません。中川商店がコンサルティングを行っている全国の様々な伝統工芸品とその地域が紹介されています。

「伝統工芸のコンサルティング」と聞くとピンときませんが、簡単に言うと、私たちが目にしている中川商店で扱っている商品の数々は、そのほとんどが「もともと高い技術性を持つ伝統工芸を、現代の生活にもになじむよう高いデザイン性に改良されたもの」と言えると思います。その商品のアイディアを提案したり、販売方法やお店のロゴを提案したりしているのが中川商店です。

中川政七商店は、全国の良いものを発掘して販売している会社だと思っていましたが、その実はコンサルティング要素が強かったのですね。そのコンサルティングの結果が、中川政七商店の店舗に置かれている工芸品の数々なのです。中川政七商店は日本の手しごと産業にとって、ものすごく大きな意義のあることをされている会社だと感動しました。

そんなコンサルティングを行っている伝統工芸やその地域の一例も、ふんだんに紹介されています。たとえば、波佐見焼。まずは波佐見焼の特長・現状・工房の様子などが紹介されています。分業によって生まれる多彩な器たち、という内容です。

f:id:kinako-cafe:20160817120843j:plain

そして、波佐見焼を扱っている店舗や、波佐見焼の器が紹介されています。

f:id:kinako-cafe:20160817120847j:plain

ほかには、カバンで有名な豊岡の紹介。作り手の方にフォーカスをあてています。40代にして本格的に柳カバンを作り始めた藤原艶子さんの記事に感動しました。 

f:id:kinako-cafe:20160817120857j:plain

豊岡鞄の数々も紹介されています。確かな技術はもちろん、デザインが本当に素敵で、本で見ているだけでも美しさが伝わってきます。豊岡の観光地情報も載っています。

f:id:kinako-cafe:20160817120839j:plain

他にも様々な工芸品にスポットを当てた記事がたくさん載っています。さらに、中川社長が語る伝統工芸の現在・これからの内容の記事がためになりました。これまで販売・コンサルティング等を行ってきていますが、さらにこの9月からは工芸職人のためのイエローページのようなサイトを立ち上げるそうです。

f:id:kinako-cafe:20160817120901j:plain

職人を求めている伝統工芸産業と、伝統工芸に携わりたい人をマッチングさせることで、伝統工芸を未来につなげていく。

様々な内容が載っている、とてもためになるおすすめの1冊です!