読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばあちゃん家にあったような、どこか懐かしい急須

食器・台所用品 # 陶芸


 昔おばあちゃんの家にあったような、懐かしい急須を見つけました。佐賀の肥前吉田焼のものだそうです。どこか懐かしい、けれど現代の生活に合うように少しデザインを加えたこちらの急須は、2010年にグッドデザイン賞(ロングライフデザイン賞)を受賞しました。

 かつては、日常の生活に馴染のあった水玉柄の急須ですが、実はこの水玉柄はひとつひとつ「手彫り」で仕上げているのです。とても手間がかかるため、次第に作り手は減少し、今では肥前吉田焼の水玉食器の製造を手がけている窯元は「副千製陶所」のみになってしまいました。

 でも、ひとつだけでも窯元が残っているのなら、ずっと作り続けてほしいです。グッドデザイン賞を取得されてよかったです。青色も見ているだけでほっこり。