読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然を描く、宮本泰山堂の角子皿

# 陶芸 食器・台所用品

あ、かわいらしい!と思って目についた四角い小皿。石川・宮本泰山堂の山水絵の角小皿です。

九谷焼は五彩(青・黄・紺青・紫・赤)を基本としますが、この泰山堂は「白」の部分もひとつの色と考え、その余白も絵柄としてとらえています。なるほど、それで鮮やかすぎない、ひかえめでかわいらしいお皿になるのですね。

宮本泰山堂のお皿は、私も何枚か持っています。「のどか文和皿」も、そのひとつ。何年も使っていて、毎日の食卓に当たり前のように在るお皿ですが、あらためて眺めると、本当に「きゅん」とするかわいらしさがあります。九谷焼とはいえ、泰山堂はどこか柔らかい色合いが特長。青とも緑ともいえぬ独特の色合いが、なんともいえないうっとりする色なのです。

九谷焼は窯ごとに、お皿の雰囲気が違っていて、見ているだけで楽しいです。